>

その他の雑費はどんなものか

入院生活に必要な用品

入院生活をする為にはパジャマや下着などの着替えの用意、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシや入浴用品などの衛生用品など細々した用意が必要になります。
容態によってトイレに行けないような場合は紙おむつが必要になったり、ケアで必要なガーゼやリハビリ用のシューズなど個々で必要な備品もあります。

前もってわかっている入院ならばドラックストアなどで安く購入し準備しておくこともできますが、急遽入院になった場合は病院の売店などで購入しなくてはならず高くついてしまいます。
何セット用意するかにもよりますが、あっという間に1万円超えてしまうかもしれません。

病院によっては衛生面からパジャマやタオルはレンタルが必須のところもあれば、希望者のみの場合もあります。
病院やセット内容にもよりますが1日500円が相場のようです。

その他にもかかる雑費

パジャマなど必須でかかる雑費以外にも、入院生活の中には娯楽も必要になります。
雑誌や新聞、多くの病院は個々の別途でテレビを観るならばテレビカードを購入しなくてはなりません。
飲み物に関して医師から制限がなければ毎日欲しくなります。
家族がお見舞いに来たりすれば交通費もかかりますし細々した出費もかかってしまいますよね。

ひと月入院したと考えたら、治療費、差額ベッド代、食事代、その他雑費などを含めていくら位必要なのか気になると思います。
生命保険会社が統計を出しているので確認してみると22万から27万円の入院費が最も多い割合で次が18万円から22万が多いそうです。
入院日数や病状によって変わってきますが、万が一の為に費用を用意しておくための目安にはなるのではないでしょうか。


この記事をシェアする