入院費用の相場はどれくらいか

>

入院したらどんな費用が必要になるのか

治療に関わる費用

通院で病院で治療を受ける際にも、必要であれば検査をしたり注射や点滴の処置、自宅で服用する為の薬が処方されます。
病状にもよりますが、通院の場合はそこまで治療費は高くはないでしょう。

しかし入院となると医療費は高額になる事が予測されます。
救急で運ばれた場合は緊急手術が必要になることもありますし、手術をすれば部位にもよりますが治療費はグンと跳ね上がります。
手術費用だけでも何十万、術後の生命維持の為に多くの機材を使えばさらに加算されていくのです。
状況によっては何度も検査を受ける事もありますし、医師が必要だと判断すればリハビリを行うのでその費用も治療費に含まれます。

それぞれのケースで治療費がいくらかかるか費用が異なるので相場がわかりにくいのですが保険適応内なら上限はひと月9万円程度だと言われています。

保険適応と保険適応外

基本的に入院して治療を受けることになったとしても健康保険を使用できます。
通院時と同じで年齢や収入によって違いはありますがかかった治療費のうち3割負担、高齢者の場合は1割負担を支払う事になります。

医師の判断により病状や体質によっては先進医療や高度医療と呼ばれる治療を勧められることがあるかもしれません。
しかし、その治療に関しては基本的に保険適応外となり、高額医療費制度の対象になるので全額自己負担をしなければならなくなります。
保険が適応されないと200万から300万を全て支払わなくてはならず経済的にもかなり負担が大きくなります。

保険治療の範囲であれば上限が9万円程度に対して、先進医療や高度治療は数百万もかかるのは大きな違いです。


この記事をシェアする